• ENTERTAINMENT BUSINESS

  • ONLNIE

  • avex dancemaster

  • avex vocalmaster

  • avex audition

INTERVIEW
インタビュー

アーティストデビュー、声優やアーティストバックダンサー、TV・ライブ・イベント出演、エイベックスへの入社等々、 エイベックス・アーティストアカデミーの 受講生たちが続々と夢を叶えています。

エイベックス所属のガールズアイドルグループSUPER☆GiRLS。その第5期メンバーとしてこの6月に新加入したのが、エイベックス・アーティストアカデミー大阪校出身の竹内ななみと田中想(ここな)。デビューという夢を掴み、これからプロとしての道を歩んで行く2人に、現在の心境やアカデミー時代について語ってもらった。

絶対に諦めないで続けることが大事(ななみ)
オーディションは積極的に受けること(ここな)

SUPER☆GiRLSの5期メンバーに選ばれて、どんな気持ちでしたか?

ななみ:はじめはすごくびっくりしましたが、選ばれたからには頑張ろうと思いました。SUPER☆GiRLSは10周年という歴史あるグループなので、その一員になれるというのはプレッシャーもありました。でも同時に楽しみでもありました。デビューが決まって家族や友達などたくさんの人たちが喜んでくれて応援してくれているのも嬉しいです。
ここな:私も驚いたし、はじめは不安な気持ちもありました。だけど先輩メンバーたちが親切にいろいろと教えてくれるし、チームワークも良いので徐々に馴染んでこられたと感じています。

加入が決まってから実際にデビューするまでの準備期間はどのくらいだったのですか? 6月12日にお披露目ライヴが開催されたんですよね?

ななみ:はい。デビューまでの準備期間は約4ヶ月半でした。その間に歌とダンスの練習、ライヴのリハーサルなどを行って、あっという間に過ぎた感じです。
ここな:そのライヴが私たち新メンバーの初お披露目と初パフォーマンスだったんですけど、ファンの方々には事前に知らせていなくてサプライズでした。緊張しましたが、ファンのみなさんがあたたかく迎えてくれたのでよかったです。

加入が決まってから実際にデビューするまでの準備期間はどのくらいだったのですか? 6月12日にお披露目ライヴが開催されたんですよね?

ななみ:はい。デビューまでの準備期間は約4ヶ月半でした。その間に歌とダンスの練習、ライヴのリハーサルなどを行って、あっという間に過ぎた感じです。
ここな:そのライヴが私たち新メンバーの初お披露目と初パフォーマンスだったんですけど、ファンの方々には事前に知らせていなくてサプライズでした。緊張しましたが、ファンのみなさんがあたたかく迎えてくれたのでよかったです。

コロナ禍ではありますが有観客で記念すべきライヴが行えたのも嬉しいですよね。やはり実際にファンの方々と対面でライヴができるというのは特別な喜びがあったのでは?

ななみ:はい。お客さんを入れてライヴできたことがまずすごく嬉しかったですし、ファンのみなさんと一緒になって盛り上がれるから、やっぱりいいなって思いました。

今まではアカデミーの受講生として様々なレッスンを受けたり、お仕事として現場を経験する機会もあったかと思います。実際にアイドルとしてデビューしてみて、何か違いや難しさを感じることはありますか?

ここな:ライヴはアカデミーの発表会と違って、観客がファンの方たちなので全くの別物でした。でも反応がダイレクトに返ってくるから楽しいです。もっとたくさんライヴがしたいです! 特に私たちの地元でもある大阪でやりたいですね。
ななみ:アイドルとしてのパフォーマンスではマイクの持つ位置だったり、踊りながら歌うので声がきれいに拾われなかったりするのが難しいと感じます。レッスンや現場での経験を積みながら自分なりに確立していけたらと思っています。

SUPER☆GiRLSメンバーとしての今後の目標はありますか?

ここな:SUPER☆GiRLSでミュージックステーションに出演したいです。
ななみ:私はこの第5章メンバーで日本武道館でライヴをするのが夢です。

ではアカデミー時代のお話も。まずは入学したきっかけを聞かせてください。

ななみ:私はもともとモデルになりたくていろいろなオーディション情報をチェックしていたんですけど、小学6年生の時にエイベックスの育成モデルユニットのオーディションを受けて入りました。その1年後にアカデミーで歌やダンスレッスンも受けるようになり、約4年間在籍していました。
ここな:私はK-POPアイドルが好きで憧れて、はじめは小さなダンススクールでダンスを習っていました。その後中学2年生くらいからアカデミーに入学して本格的にレッスンを受けるようになりました。もともとアイドルになりたかったというより、芸能の仕事に興味があったんです。

なるほど。2人とも同じ大阪校の出身ということは、アカデミーでも知り合いだったのですか?

ななみ:いえ、同じ曜日のレッスンを受けていなかったのでアカデミーでは顔を合わせる機会がなかったんです。でも友達を介してお互いの存在は知っているという感じでした。
ここな:そうなんです。デビューが決まって改めて「初めまして」という感じで。今は2人とも地元の高校に通いながら東京で仕事があるたびに上京しているので、同じ大阪校出身の仲間がいるのはすごく心強いですね。1人だったら絶対に寂しかったと思います。

お互いの存在が支えになりますね。 アカデミー時代に努力していたことはありますか?

ここな:私は特に発声練習やモデルレッスンを頑張りました。
ななみ:私は振り覚えが悪かったので、それをなんとか改善したくて向き合いました。レッスン以外の時間にも自主練習をしたり、ダンス映像を観て早く振りを覚えるよう体に慣れさせました。そのおかげで今では早く覚えられるようになったと思います。

では最後に、アーティストやプロダンサーを志す受講生へアドバイスやメッセージをいただけますか。

ななみ:私は歌もダンスもヘタクソで、それが悔しくてレッスンの後に泣いてしまうこともありました。でも上手くなりたくて自主練習をしたり努力をした結果、先生に褒めてもらえるようになったし、上達することができました。だから絶対に諦めないで続けることが大事です!
ここな:アカデミー時代に何度かオーディションの話をいただく機会があったにも関わらず、自信がなくて全然受けてきませんでした。それもあって今活動している中で苦労する場面が少なからずあります。例えば撮影でのポージングとか。今となっては、せっかくの機会だったのにもったいないことをしたな、と感じています。だからオーディションは積極的に受けた方がいいです!

告知関連

■CDリリース
SUPER☆GiRLS第5章 第1弾シングル「WELCOME☆夏空ピース!!!!!」
8月25日発売

■ライブ情報
9月20日(月・祝) SUPER☆GiRLS 第5章ワンマンライブ @Zepp DiverCity TOKYO
オフィシャルサイト
https://supergirls.jp

オフィシャルファンクラブS.P.C
https://spc.idolstreet.jp
一覧に戻る
LINE