エイベックス アーティストアカデミーエイベックス アーティストアカデミー

Academy
Interview

受講生インタビュー

超実写版「ライオン・キング」の吹き替え版で夢をつかんだ12歳!
天才シンガー“熊谷俊輝”さんに聞く 歌の魅力とは!?

2019年夏、多くの注目を集めた映画「ライオン・キング」。 深みのあるストーリーとクオリティの高い映像がとても話題になりました。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
また、映画の主人公「シンバ」の幼少期の吹き替えを担当した熊谷俊輝さんの歌が「ずば抜けて上手すぎる」と大変話題になりました。
今回は、歌手として将来を渇望される12歳のスーパー小学生熊谷俊輝さんに、「歌の持つ魅力」について語っていただきました。

天才シンガー・熊谷俊輝さんが、歌を始めたきっかけ

若干12歳ながら、数々の舞台での歌唱経験を持つ熊谷俊輝さん。
ミュージカル女優を目指し、日々歌を家で練習していたお姉さんを見て、「自分も歌いたい!」と小さいころから自然と思ったそうです。

なんと"小学校一年生"の時に、童謡を歌うコンテストで「ぼくのミックスジュース」という曲を歌い、賞を獲得したのだとか。
お姉さんの見よう見まねで始めた歌でしたが、そういった成功体験を通じて、「歌をただ聞く"側から、聴衆に"聞かせる"側になりたい!」といった想いを一層強くしたそうです。

数万人の前で歌を披露!? 「一番緊張した」と語る a-nation

これまでのステージで、一番印象深いステージは何なのか質問したところ、大阪で行われた「a-nation」が一番思い出に残っているのだとか。
なんと"数万人"の前で、70人のバックダンサーを従えて歌を披露しなければならないのに、リハーサル含め準備期間が2日しかなく、これまでで一番緊張したそうです。

そんな時に熊谷さんは、「手のひらに"人"と書いて飲む」という「おまじない」で毎回緊張をほぐしているそうです。

一番学んだことは「コミュニケーション能力」!? 
エイベックス・アーティストアカデミーでのレッスンや
歌のお仕事を通じて学んだこと

学校と仕事、歌のレッスンなど、小学生ながら多忙な毎日を送っている熊谷さん。
これまでのお仕事を通じて一番勉強になったことは何か尋ねると、
「コミュニケーション能力が身に付いた!」とのこと。
普段の学校生活では絶対に関わらないような人たちと、一緒にお仕事をしたりお話することで色んな年代層の方と話を合わせるために話題を選んだりだとか、挨拶などの礼儀を身につけることができたそうです。

また、週に一度歌と演技のレッスンを行っているエイベックス・アーティストアカデミーでは、
"本格的な歌唱力"を身につけることができた、とのこと。
これまでお姉さんの影響で独学で歌を始めた熊谷さんですが、 エイベックス・アーティストアカデミーでのレッスンでは、一番苦手だった裏声の出し方など、 参考になるレッスンが多く、習う前に比べて歌唱力がグンと伸びたそうです。

練習のしすぎで声が出なくなった!?
「ライオン・キング」役作りの舞台裏

熊谷さんの名を一躍世間に轟かせた「ライオン・キング」レコーディングの裏側についても特別に話を聞くことができました!

オーディションでシンバの幼少期役の座を射止めた熊谷さん。
役作りのため、何度も何度も繰り返しアニメーション版を見ただけでなく、なんと動物園にも足を運び、ライオンの様子を見に行ったそうです!
実際にライオンが動く様子をみて、動き方や雰囲気など、演技の参考になったとのこと。

アフレコ中、谷でシンバが叫ぶシーンがあるのですが、何度も声が裏返ってしまい、
自ら「やり直しさせてください!」と監督に志願し10テイクも取ったそうです。

「映画を見ている人を絶対後悔させない!」という強い気持ちでレコーディングに臨んでいましたが、練習をしすぎたためか、丸2日間声が出せない状態になってしまいました。
声が出せない期間中、「ごめん、声が出せない」というプラカードを持って、学校に登校したとのこと。
これまでで一番辛い経験だったそうです。

初の声優のお仕事ながら、仕事にひたむきな熊谷さんの姿勢を垣間見ることができます。

こんな人におススメ!?
 歌やお芝居の魅力とは

歌やお芝居のお仕事やレッスンに妥協せず取り組む熊谷さん。
そんな彼にそれぞれの魅力について聞きました。

歌うことの一番の魅力は、歌い終わったときにステージ上から感じるお客さんの「拍手や声援」。
また、難しいジャンルの歌に挑戦して、歌えたときの"達成感"もモチベーションの一つだそうです。
なので、なにか新しいことにチャレンジし続けたい人に歌をお勧めしたいとのこと。
「学校のお友達にすごく歌がうまい子がいて、絶対歌のレッスンやったらいいのに!」とも話してくれました。 天才シンガーが絶賛するその友達の歌声がとても気になります。。。

また演技の魅力は、演じている役と同じ状況に置かれたときに自分だったらどう行動するか考えることが楽しいとのことです。
ある意味「色んな人生を生きられる」のが魅力なので、そういった経験をして影響を受けてみたい人に演技のレッスンをお勧めしたいとのことでした。

「天才シンガーが抱く"意外な"将来の夢」

このインタビューのちょうど前日に12歳の誕生日を迎えた熊谷さん。
将来の夢を聞いてみました!!

なんと将来は「バラエティ番組に出たい!」のだとか。(笑)
昔からお笑い番組が好きだという熊谷さん。
ある番組収録の控室で、著名なお笑いタレントがとても緊張している様子を見てしまったそうで、「自分が出演した時に上手く話せるかわからないけど、いつか挑戦してみたい。」とのこと。
なんでも前向きにチャレンジする熊谷さんらしいお答えでした。 また、歌のお仕事やプライベートに関して、12歳としての1年間の目標を聞くと、
「11歳として過ごした1年よりも、色んな仕事を経験したり、苦手分野に積極的に取り組んで、より素晴らしい1年にしたい!」との抱負を語って頂きました。

これからも歌に俳優業に、活躍の場をどんどん広げていく熊谷俊輝さんから目が離せません!

「ライオン・キング」11月20日先行デジタル配信開始
12月4日MovieNEX発売
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney

ライオン・キング

アーティスト・アカデミーのラインナップ

  • 一般社団法人 日本レコード協会
  • JASRAC