• ENTERTAINMENT BUSINESS

  • ONLNIE

  • avex dancemaster

  • avex vocalmaster

  • avex audition

INSTRUCTOR
INTERVIEW

大切にしているのは、ダンスはもちろん、生徒一人一人の心の中も見る事。

Satch-A先生がレッスンで大切にしている事は?

Satch-A:子どもたちを教えるにあたって一番重要視しているのは、キッズ・ティーンに関わらず、生徒一人一人のダンスを見ることはもちろん、心の中も見るっていう、この「二つ」を必ず見る事。
モチベーションの上がり下がりや、単純に疲れてるのか…とか見ようとするとすごく見えてくるんです。そうするとその子の傍に行く回数が変わったり、声の掛け方、掛ける言葉が変わってくる。平等に声を掛けてあげるとかではなくて、私は生徒の心の中を見て、その時その時で柔軟に対応するようにしています。

STAFF:そういうの(心の変化)はどうやって感じ取っているんですか?

Satch-A:ほとんどはその子の表情と集中力かな。いつもと違うとあれ?ってなって。。

STAFF:…!表情や集中力って些細な変化でも気づけるものなのですか?(…熟練の技?)

Satch-A:嘘っぽいけど、単純に目を見ればわかるかな。キラキラしている目…どんよりしている目…。だから、私のレッスンは鏡越しではなく、生徒の方を向いて目を見てレッスンすることが自然と多いんです。鏡越しだと、どんな目をしているかわからないから。鏡(反転)で踊らなきゃいけないのに、向かい合っちゃって逆になっちゃったりするんだけど(笑)でも、それをすることで、些細な心の変化によく気づく事が出来るんです。

STAFF:目を見て表情が読めるのってすごい。。特に今はこのような状況下で、マスク越しの表情は中々読めなくて相手が何を考えているかがわからない時が多いしなぁ。目を見てわかるのは、初対面の子でも?それとも長く接している受講生だから?

Satch-A:初対面の子でもめっちゃわかる。目で心の中を読むのが癖になっているんですよね。体験の子とかめっちゃ不安そうだしね、泣きそうだし。(苦笑)泣きそうってか、泣いちゃうんだけどね。(汗)

STAFF:それはSatch-Aさんが怖くて?(笑)

Satch-A:そう。(笑)

STAFF:体験者にもガツガツいきますもんね!でも、その泣きそうになってた子も入会するっていう(笑)

 

今嫌われたっていい。20年、30年後に「先生のおかげで今の自分がいる」って思ってもらえればそれでいい。

STAFF:Satch-A先生が教わってきた環境も厳しい環境だった?

Satch-A:そうですね。スニーカーが飛んできていた(笑)でも、自分が厳しい環境で育ってきたからそれが凄くプラスになっていて。根性とか今でもあるって思えるのは、その先生のおかげ。だから、たとえ今、生徒に嫌われていたとしても20年、30年後「Satch-A先生に習ったから…」って同じように思ってもらえたらいいなと思って接しています。自分が良かったって感じたことを同じように生徒にもしてあげたい。

STAFF:Satch-A先生が生徒から言われて心に残ってる事ってありますか?

Satch-A:「ダンスじゃなくて、Satch-A先生に出会えたことが人生の何よりも宝です!」って言ってくれる生徒が多くて。あと、みんな、論文?書いてくれるんですよ!英語で論文書かなきゃいけないー・・とか、学校の課題で「Satch-A先生について」って(笑)小学生も文集で「尊敬する人」とかのテーマの時に私の事を書いてくれてて、多分かれこれ20、30人が書いてくれてる。それがめっっちゃ嬉しいですね!!絶対、冒頭に「すごく怖い先生で…」って書いてあると思うんですけど(笑)この前も、キッズの生徒が書いてくれて、それが区の何かに選ばれたみたいで冊子に掲載されて…それを見た子が体験レッスンに来てくれた事がありましたね!

STAFF:すごい!そんなことが!!!そういうのに書きたい人って親とかが定番じゃないですか。でも、そんな中、習い事の先生について書こうってなかなか出てこないですよね!きっとその子たちの人生に影響を与えた一人なんでしょうね!

Satch-A:何ででしょうね、不思議。ただダンスを教えているだけなんですけどね。。

STAFF:でも、きっと生徒さん達はダンスだけじゃなくて、それ以上のものを受け取っているんですね。見せてもらったこの文集「怖いけど」ってワードが2回も出てきてて現実味が!(笑)でも、Satch-A先生は、怖いけど、厳しいけど、生徒さん達はSatch-A先生の事が本当に好きなんだろうなってのが伝わってきます。

生徒一人一人を愛している。だから時には厳しい事も言う。
だってみんなと一緒に上り詰めていきたいから。

Satch-A:
厳しく指導してきた分、DreamTeamやdinoなどの特別チームに選ばれる生徒や、オーディションにチャレンジする子も多い気がしていて。様々な形でレッスンの成果を結果で返してくれる生徒を本当にリスペクトしています。
10年以上通い続けてくれてる子が半分位いて。なんでかなってたまに不思議に感じるんですけど…結構学校の事とかプライベートの事まで、みんな泣きながらすごい相談してきてくれるんですよ。ダンスの事はもちろんだけどダンスだけじゃないこともすごく相談してきてくれて。そいうのって信頼がないとできないじゃないですか。(生徒の)人数が多いので正直大変なんですけど(笑)でも嬉しいんですよね、自然と信頼関係が築けて、そういう存在になれているんだなって。人数が多くてもちゃんと生徒一人一人に寄り添えているのかなってふと感じます。

STAFF:学校の先生とか親には言いにくい相談がSatch-A先生のとこに来るんですもんね。それだけ信頼関係が築けていて、生徒の心の拠り所になっているんですね。裏表なくストレートに、愛を持ってぶつかってきてくれる先生だからこそ、こんなにも生徒から愛される先生なのだとインタビューを通じて強く感じました。

講  師|Satch-A
撮影協力|スポーツクラブ ルネサンス 富士見台
〒176-0021 東京都練馬区貫井3−12−33
Tel:03-5987-2433
店舗詳細・体験申し込みはこちら

Satch-A

Satch-A

体で音を奏でる楽しさを伝えます! ダンスはもちろん、礼儀や心の成長も大切に指導しています☆ Dance with me now !