Information

エンタテインメント ビジネスコース新着情報

【講義レポート】グループ課題プレゼンテーション

今回は「グループ課題プレゼンテーション」の講義レポートをお届けします。
EBコースでは恒例のプレゼン大会となります。
テーマに関するエイベックス社員を審査員にお招きし、約1か月考えに考え抜いた企画を発表するこの大会。

審査員は、
エイベックス・エンタテインメント(株)
レーベル事業本部クリエイティブグループ
ゼネラルディレクター
中前省吾 氏です。

EBコースでは中前氏にこのプレゼンの準備期間の間に4回もの講義を行って頂きました。
今回のグループ課題もその講義と連動した形にて行われております。
そのテーマは「ビルボードで1位を獲れるアーティストをつくる」です!
条件もありますが、アイディアを出す上での制限は設けずに行いました。

はじめてプレゼンテーションに臨んだ方も多く、緊張していた方もいたと思いますが、
企画内容はもちろん、その発表のパフォーマンスに関しても、やはり準備に費やした時間は裏切ることなく、
各自のプレゼンテーションの出来映えに表れていたのではないかと思います。

白熱のプレゼン大会、時はあっという間に流れまして、
グループ課題プレゼンテーション、結果発表へ!

今回最優秀賞に選ばれたのは、、、名古屋校の皆さんでした!
名古屋校は受講生の投票で決定するオーディエンス賞も受賞。
W受賞おめでとうございました!!

最後に中前氏から皆へフィードバックを頂きました!
「面白いワードを見つけ、そこにフォーカスする力がプレゼンには重要。」
「面白アイデアは何十年に一回レベル。それを考え付くには勉強しかない。」
「世の中にはわからないことだらけ。重要なのは制限をかけずに考え続けること。」
「考えることはお金のかからない勉強。」

貴重なお言葉ありがとうございました!
今回のプレゼンはいつもと違いビジネス視点を一切なくして、「面白いもの」を制限なしに考えるテーマでした。
中前氏のコメントにもある通り、やはりエンタメを通し世界に感動を届けるためには、「考え続ける」ことが重要だと再認識することができました。
これを機に、自分の目標や成し遂げたいことを「考え続ける」きっかけになってもらえたらと思います!
講義レポートは以上です。

▼最優秀賞とオーディエンス賞を受賞した名古屋校の皆さん (1名欠席)

一覧に戻る

アーティスト・アカデミーのラインナップ

  • 一般社団法人 日本レコード協会
  • JASRAC