INFORMATION

インフォメーション

2019年2月の記事 (1/1)

2019/02/19 - エンタテインメントビジネス

【講義レポート】エイベックスの映像事業とこれからの展望

 

2月6日の講義はエイベックス・エンタテインメント(株)岡田 康弘 氏による「エイベックスの映像事業とこれからの展望」をテーマにお話頂きました。

 

 

 

業界の常識は、エイベックスの非常識

 

 

エイベックスは既存の概念に囚われない、誰もやらないことをやるという考え方をもち数々のヒットを生み出してきました。岡田氏は以前、別のレコード会社に勤めていたようですが、エイベックスに入社してからは驚くことも多かったと言います。そんな脈々と受け継がれているエイベックスのポリシーは映像事業も同じです。「channel a」という東京以外を中心として約40局放送したテレビ番組制作をしたり、「蒼き狼」という映画を制作、「BEETV」(現在のdTV)という短尺動画の配信サービスを開始したりと、時代に合わせた映像事業を展開してきました。BEETVはサービスを始めようとした当初「レコード会社が映像制作配信をするなんてありえない」と周りからと言われた経験があったようですが、これから来る時代を見越して、現在ではNTTドコモさんと協業し、「dTV」という会員数が約400万人いるサービスになりました。現在ではDVD・ブルーレイに収録された映像がスマートフォン・タブレットでも視聴できる「スマプラムービー」やxR領域(AR(拡張現実), MR(複合現実), SR(代替現実), VR)の制作も行っています。

 

IMG_5017.JPG

 

 

誰もが映像クリエイターになれる時代

 

 

映像には様々なサービスや形が存在しているかと思いますが、それぞれうまく一定の住みわけができているといいます。TV番組等の「既存メディア」、dTV・Netflix等の「新興メディア」、YOUTUBEやTikTokを代表とする「無料動画サービス」の3つです。「無料動画サービス」においては、いわゆるプロのクリエイターではなく、誰もが映像クリエイターになれる時代です。YouTuberなどで自分の作った動画をUPすることでお金を稼ぐことができるのです。反対に無料で見ることができるので、視聴者も手軽に見ることができます。エイベックスの映像制作では、現在はこの3つを全てかかわって行こうと指針になっています。

 

 

 

「映像制作」と「動画制作」の違い

 

 

「動画」と「映像」という言葉は一見すると同じような意味に感じられますが、「動画制作」と「映像制作」となるとニュアンスは異なるものになると考えています。動画制作とは、スマホを中心として撮影し、その撮った映像を時間の流れに沿って制作すること。「映像制作」は映画やテレビ番組などプロの組織や個人による制作する映像作品をさします。近年では、「動画制作」は個人レベル(アマ)での意味合いが強い印象があります。但し、映像であろうが動画であろうが、消費者からすると感動、気づき、楽しさ、喜びを与える作品にプロもアマもありません。そして今ではプロの映像と遜色ない高レベルな動画が溢れる時代になってきています。重要なのは先程お話しした住みわけの中で、消費者求めているものを提供することが重要ということです。

実はエイベックスの映像制作チームでは、表にはあまり情報を出しておりませんが最近話題の「ハズキルーペ」をはじめとするCM、アーティストのLIVE映像・MV、VR、ネット番組から独自開発の高画質・高音質配信システムを保有するなど、その領域は多岐に渡ります。

 

IMG_8497.JPG のコピー.JPG

 

 

 「クリエイティブ」と「マーケティング」

 

 

岡田氏が重要としているのはゼロからイチを生む「クリエイティブ」とイチからサンを生む「マーケティング」の共存です。ただクオリティが高い作品を制作するのではなくて、クライアントからの要望に答えられるように、お客様が求める作品を届けられるようにしています。また、エイベックスの本社には最新の設備を搭載した専用のスタジオを有しており、市場の動きに迅速・敏感に対応出来たり、「エイベックスにしかできない」と言われる技術やノウハウをため、確立を目指しています。

但し、何よりもチーム内で一番重要にしていることは、「お客様が楽しんでくれる作品を、自分達も楽しみながら制作すること」とのことです。

 

 

授業の後半には、ワークショップを行って様々な意見交換を行いました。

 

IMG_5028.JPGIMG_1833.JPGIMG-3134.JPG

 

それでは今回の講義レポートは以上となります。

次回の講義レポートもお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 


2019/02/18 - エンタテインメントビジネス

【大阪校】エンタテインメントビジネスコース就職実績

大阪校から嬉しい内定者のご報告です!
今回ご紹介するのは2018年10月生の近藤 由花理さんです!
 

▷実績一覧:http://aaa.avex.jp/result/e-business/

 

- 内定先

エイベックス・エンタテインメント株式会社

ライヴ事業本部 第1制作グループ

 

- EBコースに入ったきっかけ/エンタメ業界を目指したきっかけ

幼少期から音楽が好きでジャンルを問わず、趣味はライヴやフェスに行くことでした。

いつしか自分自身が「与えてもらう側から、与える側にいきたい」と思うようになりました。

音楽業界はもちろん、現在の市場及び過去の歴史や未来予想などリアルタイムに幅広く知識を得ることができると思い、EBコースを選択しました。

 

- EBコースの魅力

業界にとらわれず多方面の講師から講義を受けられることが最大の魅力だと思います。

質疑応答の時間を設けてもらえるなど、地方受講生でも距離を感じさせないよう配慮していただけることも嬉しかったです。

年齢を問わず「音楽が好き」という仲間が集まっていることが私にとっては一番の収穫でした。

同じ温度で受講できることは当たり前ではないと毎週感じていました。

世代、出身地、環境を超えて出会えた仲間はこれからも大切にしたいです。

 

- 今後の夢・目標

私の今の夢は、多くの人にライヴを楽しんでもらえる瞬間をコーディネートできる人材になることです。

音楽の「生感」を一番体感できるライヴエンタテインメントを、一人でも多くの人に足を運んでもらえるようサポートしたいです。

ライヴに限らず、答えがない、終わりがないエンタテインメントだからこそ、その進化を追求し続けたいです。

 

- これからエンタメ業界に就職転職を目指す方へのメッセージ

夢を持っていることは最強の武器だと思います。

具体的に自分が何をしたいという夢がなくても、どんなことを実現していきたいかビジョンを思い描くだけで自分の可能性が広がっていきます。

そして、自分が得た知識や経験は何よりも説得力があると思うので、できるだけ幅広い分野の知識を得ること、

コミュニティを増やし人とのつながりを大切にすることは私自身も継続していきたいと思っています。

今、立ち止まっている時間はもったいない!

自分を信じて常に進み続けることを恐れないように…

 


2019/02/ 7 - エンタテインメントビジネス

【講義レポート】映像制作の基礎と現状Ⅱ

 1月31日(水)の講義は、先週に引き続きまして、

映像クリエイターの藤川佑介氏をお招きし「映像制作の基礎と現状」についての講義を行いました。

 

今週は、先週チームで話し合った内容を、実際に撮影・編集することがメインとなります。

その前にまず動画広告の市場規模について学びました。

今後も市場規模の右肩上がりが予想される中、SNS等を駆使する企業も増加し、

特にエンタメ企業では画像や映像の編集のスキルも求められることが多くなることでしょう。

そして各グループより、今回制作する映像の概要を発表しました。

 

また撮影の仕方についてや動画編集ソフトの種類、ソフトを使用しての動画編集の仕方についても

細かく丁寧にレクチャーして頂きました。

 

さて、ここからいよいよ実践です。

 

大阪撮影 IMG_1817.JPG東京撮影IMG_5009.JPG東京指導IMG_5011.JPG名古屋編集IMG_8482.JPG

チーム内で役割を決めていたものの、撮影・編集と、

限られた時間の中で実際はなかなか予定通りには行かないものです。

これが外でのロケだったら天候などもありますし、なおさらでしょう。

時間もだいぶ押してしまいましたが、無事に1分前後の映像作品を制作し、発表にこぎつけました。

笑いあり、涙、はなかったかと思いますが、クリエイティブな作品も多く、

藤川氏からも頑張りを褒めて頂いた作品もありました。

 

福岡鑑賞IMG-3019.JPG

 

名古屋鑑賞IMG_8493.JPG

これを機に映像制作の面白さに目覚めてしまった方、

一瞬、YouTuberという将来が頭にちらついてしまった方もいたのではないでしょうか。

 

今回の講義レポートは以上です。


2019/02/ 4 - インフォメーション

東京校 DJ専攻/4月期募集について

 4月期にDJ専攻に入学をご希望される方へお知らせいたします。

 
現受講生が継続をご希望されそのまま受講して頂く事になりましたので、
4月生の新規募集を実施しない運びとなりました。
 
入学をお楽しみにされていた方には、大変申し訳ございませんが、
次期募集は、7月期となりますことを何卒ご了承いただけますと幸いです。
※7月期の募集情報は、5月頃の発表となります。
 
皆様にお会いできることを、講師・スタッフ一同楽しみにしております!


2019/02/ 1 - 名古屋校インフォメーション

「NAGOYA fes 2019」当日券販売開始時間

 「NAGOYA fes 2019」

 
当日券の販売開始時間が決定しました!
 
【販売時間】13:00~
【販売場所】Zepp Nagoya
〒453-0872
愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7
https://www.zepp.co.jp/hall/nagoya/
 
【公演概要】2/2(土) 開場16:30/開演17:00
 
【注意事項】
※立ち見エリアでのご観覧となります。
※別途、ドリンク代500円が必要となります。
※会場にて、先着順での販売となります。予定枚数に達し次第、販売終了致します。
※会場の混雑状況によっては入場制限を設けることがありますので予めご了承下さい。
※3歳からチケットが必要です。
※事由の如何を問わず、購入後の返金又は座席の変更等は出来ません。
 
【当日券料金】
立ち見エリア 3,780円(税込)


ARCHIVES

INFORMATION