INFORMATION

インフォメーション

2018年11月の記事 (1/3)

 

EBコースのプログラムの主軸である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。

(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)


今回のレポートは「エイベックス・マネジメント式会社」でアスリートマネジメントのインターンシップに参加した、東京校の野口さんです。



■インターン参加会社及び部署

エイベックス・マネジメント株式会社

芸能マネジメントグループ スポーツユニット



■インターンで体験した主な業務内容は?

取材、撮影現場、営業先への同行・会議、打ち合わせの同席、資料作成など



■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?

撮影や取材現場へ同行させて頂いた際に、よく緊張してどうすればいいか分からず固まってしまい、タレントさんやスタッフの方々に逆に気を使わせてしまう事があり雰囲気を掴むのが難しかったです。また、慣れない用語や敬語などに触れる機会が多く、理解するのも始めは大変でした。



■インターンの中で一番学びになった事は何ですか?

仕事の事や業務内容についてはもちろんですがアスリートならではのメンタル面や健康面でのケアの仕方など、自分の生活でも取り入れようと思う事が沢山ありました。また、ある撮影に打ち合わせの段階から同席させていただき、実際に撮影まで見学出来た事が非常に印象深く残っています。クライアントさんの中に海外の方もいらっしゃたので現場では英語と日本語が飛び交っていてとても刺激を受けました。自分ももっとスムーズに英語を使って会話ができるようになりたいと思う瞬間でもあったし、頑張ろうとより強く思いました。


■インターンに参加した感想

3ヶ月間インターンを経験を通して、本当に毎日新しい発見や勉強になる事が多く自分にとってとても貴重な経験をさせていただきました。EBに入った頃は、マネジメントはいつか出来たらいいなと思っていたけれど、ちょうどマネジメントについての講義を受けた後にインターンを経験できた事でマネジメントの大切さを学ぶ事が出来、より強くマネジメントをもっと勉強し、やってみたいと思うようになりました。また、社員の皆さんや現場などでお世話になったスタッフの方々にも大変良くしていただき、色々なお話を聞けたこともとても刺激を受けました。インターン期間が終了し、3ヶ月前の自分よりも成長できたのではないかと改めて実感しています。残りのEBの講義を受講した後に自分がどんな将来を選択するのかはまだわかりませんが、今回学んだ沢山の事を決して忘れずに頑張っていきたいと思います。


レポートは以上です。


これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。


あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!



2018/11/28 - エンタテインメントビジネス

【講義レポート】デザイン基礎

 11月21日の講義は、

エイベックス・エンタテインメント(株)
制作支援グループデザインユニット
澤田佳和氏による、「デザイン基礎」についての講義でした。
 
 
東京 IMG_2285.JPG
 
ここ最近ではa-nationのロゴ等々、avexの様々な制作物のデザインに携わっている澤田さんに、
デザインの基礎やパワーポイント資料作成におけるポイントなどを講義して頂きました。
 
まずは色についての知識から。
例えば“赤”であれば、生命力だったり行動力を感じさせ、注目も集める色、といったように
デザインに使用する“色”によって、見る人に与える印象がだいぶ異なってきます。
どのような印象を与えたいか、使用すべき色が変わってくるわけです。
様々な企業で実際に使われているロゴなどの色もそういった視点で見ると、
なるほど、といった企業もありました。
 
ちなみに、今年の流行色は「ホットピンク」「メタリックカラー」「ベイクカラー」とのことです。
 
 
福岡校IMG-2309.JPG
 
次にデザインや広告における目線の法則として、「Zの法則」「Fの法則」について教えて頂きました。
実際に例をもとにどちらの法則が使われているのか、クイズ形式で確認してみました。
 
同様にデザインについても実例をもとに、どちらがわかりやすく優れているのか皆で確認しました。
 
 
大阪IMG_1597.JPG
 
休憩後はパワーポイントをつかった資料作成に関しての講義でした。
パワーポイントの使用方法に関しては、もはや共通言語として必要ですので、覚えることは必須です。
 
大切なことは、この作成する資料で
「何を伝えたいか?」
「そのために何をするのか?」
「どうなったら成功なのか?」
 
動機・目標・目的を明確にすることが重要、と教えて頂き、
整った資料の実例をいくつか紹介して頂きました。
 

 

名古屋IMG_0979.JPG

 
そしてまとめとして、しっかりと「目的」を持ちつつ、
制限を持たせてのパワーポイント資料を作成する課題が出されました。
 
最後に、受講生からの質疑応答にも多数答えて頂きました。
ありがとうございました。今週のレポートは以上です。
 
 
東京IMG_2288.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 12月に入学される方々の、初回オリエンテーション日程が決まりましたのでお知らせ致します。

 

開催場所は名古屋校になります。全コース・全専攻・全クラス・全年代共通の日程です。

皆様にお会いできますことを、講師・スタッフ一同楽しみにお待ちしております!!
 
 
■12/3(月) 17:30~19:00
 
 


 

EBコースのプログラムの主軸である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。

(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

 

今回のレポートは「エイベックス・マネジメント式会社」でモデルマネジメントのインターンシップに参加した、東京校の錦城さんです。

 

■インターン参加会社及び部署

エイベックス・マネジメント株式会社

芸能マネジメントグループ モデルユニット

 

■インターンで体験した主な業務内容は?

モデルの資料作成等のデスクワークから、マネージャーアシスタントとして大規模なイベントや撮影等の現場稼働など幅広く仕事を経験させて頂きました。

 

■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?

マネージャーとして、社内の方々に限らず、モデルの方々や他社の方々を含め多くの方々と関わっていく中で、明る過ぎて羽目を外し過ぎてもいけない、静か過ぎて明るさや面白さに欠けてもいけない、エンターテイメント業界ならではのコミュニケーションの方法の模索が振り返ってみると一番難しかったと感じました。

 

■インターンの中で一番学びになった事は何ですか?

マネージャーに限る話ではないですが、何かを一つのことを作っていく中で、社内の方々、モデルの方々、クライアントの方々、挙げていけばキリがないくらい沢山の方々が一つの仕事に関わっていて、全員がそれぞれの熱い思いと責任を持って、お仕事に臨んでいると改めて知り、私自身も私に出来ることを一つでも全力で臨んでいきたいと思うことが出来ました。

 

 

■インターンに参加した感想

三ヶ月間という期間は長いようで、本当にあっという間でした。インターンの期間を通して、全てを完璧にこなせた訳ではなく、失敗してしまった事もご迷惑をお掛けてしまったことも多々ありましたが、モデルユニットの皆様が時に優しく、時に厳しく、ご指導をして頂いた事で本当に多くの事を勉強させて頂いたと感じています。また、最初はほとんど無知であったマネージャーのお仕事も、今では機会があれば是非もう一度やらせて頂きたいと感じています。本当に貴重な経験をさせて頂いた事を感謝しています。ありがとうございました。

 

レポートは以上です。

 

これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。

 

あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!

 

 


2018/11/17 - エンタテインメントビジネス

【講義レポート】レコード会社における宣伝活動

 みなさんこんにちは!

 

今週の講義も、前回までに引き続き、

エイベックス・エンタテインメント(株)レーベル事業本部クリエイティブグループ

ゼネラルディレクター 中前省吾氏による講義でした!

 

今回は、「レコード会社における宣伝活動」について。

 

4回連続講義の最終回ということで、講義前半は前回講義までの振り返り。

後半は、各グループの宣伝方法を発表し、中前氏からのフィードバックをいただきました!

 

 

 

 

IMG_0834.JPGIMG_1587.JPG

IMG_2240.jpg

 

「自分の企画を信じられるところまで持っていくことが大事」

 

「あること」をやろうと思ったとき。

その「あること」を実施することが難しいかもしれない時。

「実際こんなことできないよね?」ではなく、「何か違う方法でできないか?」と考えてみることが大事。

「できないこと」がインスピレーションになる。

「制限」だと思わずに  「できないからそのアイデアを捨てる」ことをしない。考えることをやめない。

 

 

IMG_1995.JPG

 

「何のプロになるか考える」

 

自分が何のプロになるのか、得た知識と感覚で考え続ける。

それを決めるのは「会社」ではなく「自分自身」。

音楽業界に就職しても、就職したことだけでは何も決まっていない。

 

 

その他にも最後にたくさんのメッセージをいただきました。

今の皆さんの心に響くメッセージだったのではないでしょうか??

 

なので・・・・

 

 

EB生の皆さんだけの秘密にしておきましょう(^^)

 

 

4回の講義を振り返りながら、

12月にプレゼンテーション(課題)の発表があります。

インプットだけではなくたくさんアウトプットの機会があるのも、このコースの特徴です☆

EB生の皆さんは、課題発表に向けてしっかり準備していきましょう♪

 

 

次回の講義レポートもお楽しみに!

 


2018/11/16 - インフォメーション

東京校 DJ専攻/1月期募集について

 

1月期にDJ専攻に入学をご希望される方へお知らせいたします。

 
現受講生が継続を希望されそのまま受講して頂く事になりましたので、
1月生の新規募集を実施しない運びとなりました。
 
入学をお楽しみにされていた方には、大変申し訳ございませんが、
次期募集は、4月期となりますことを何卒ご了承いただけますと幸いです。
※4月期の募集情報は、2月頃の発表となります。
 
皆様にお会いできることを、講師・スタッフ一同楽しみにしております!


ARCHIVES

INFORMATION