宮脇詩音がrhythm zoneのアーティストとして活躍中!

Vocal修了生の宮脇詩音がaaaプロフェッショナル育成でレッスンを重ね、rhythm zoneのアーティストとして活躍中です!\n\n12歳の時に故郷の長崎から単身上京。東京で約4年間のレッスン経験を経て2007年7月シングル「BOY」でデビュー。 その年の秋には、初めて作詞を手がけた思い入れのある楽曲「Shinin'Star」を、店頭には流通させない自主制作の企画シングルとして1000枚限定でリリースして100日間で1000枚のCDを手売りだけで完売させるという偉業を達成させました!