INFORMATION

エンタテインメントビジネス

2018/05/ 1

エンタテインメントビジネス

【講義レポート】新人発掘・育成

【講義レポート】新人発掘・育成

 2018.05.01

 

今週の講義はエイベックス・マネジメント株式会社 アカデミー事業グループ ライセンス運営管理ユニットの北垣 光啓(キタガキミツヒロ)氏をお招きし、「アーティスト(タレント/女優俳優)の新人発掘・育成」に関しての講義をして頂きました。アーティストとしての経験や建築設計の仕事の経験、そして元エンタテインメントビジネスコースの担当でもあり、様々な経験を持つ北垣氏が自身がエイベックスに入社してから長く携わってきた新人発掘・育成についてお話頂きました。

 

 

「 TOKYO GIRLS AUDITION」をはじめとする

多数のオーディションを開催運営

 

 エイベックスの新人発掘では、様々な形のオーディションを開催運営しています。その中でも最も大きなオーディションが「TOKYO GIRLS AUDITION」。 TOKYO GIRLS COLLECTION × avex × Ameba が共同で開催するガールズオーディションプロジェクトで、次世代のトップモデルを発掘する日本最大級のオーディションプロジェクトとなっています。そんなTGA出身者は、2016年11月より放映された『テラスハウス』の新シーズン、『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(テラスハウス アロハ ステート)に新メンバーとして出演""テラハ史上No.1美女""などとして、各メディアに取り上げられた「Niki」や、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol-エルオーエル-」として活動している「hibiki」などがあげられ、モデルだけでなくアーティストなどとしても幅広く活躍している。エイベックスではTGA以外にもたくさんのオーディションを開催しており、日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward」とエイベックスの「BoysAward Audition」や幅広いジャンルと書類選考なしのキッズオーディション「KIRA CHALLE」などがあります。ほかにも随時たくさんのオーディションを開催しており、たくさんの才能を世に送り出してきました。

参考:http://avex-audition.jp/

 

 

IMG_2358.jpg

 

 

デビューまでの道のりは長く、一握り

 

エイベックスでの大きく発掘方法は3つあります。オーディション・スカウト・スクール。オーディションに関しては上記に記載した通り様々な形のオーディションを開催し、年間約2,000人ほどのスカウトと全国10,000人以上受講生を抱えるエイベックス・アーティストアカデミーとダンスマスターがあります。その中から選ばれたもの達が社内にプレゼンされ、デビューへと近づくことができます。ただしオーディションからストーリ作りをし注目を集めてそのままデビューするケースもありますが、基本はデビューまでに数年かかります。発掘をしてから育成期間を設けレッスンでスキルや関係性を築き、デビュー。デビューしてからも1,2年目は売れる確証はなくプロモーション期間。ここまではずっと投資に近い感覚です。これほど新人発掘は長い目で見ないといけなく、難しいとのことです。

 

 

オーディション ≒ 就活

 

 たくさんのオーディションや就職の面接官の経験もある北垣氏が感じた「オーディション」と「就活」の合格者の共通点。それは「一緒に働きたい!と思わせること」だと言います。それはどちらも求めている側のニーズと一致することが重要で、受ける側は相手が何を求めているか考えなければいけません。まずはオーディション(就活)の趣旨を理解すること、そして就活であれば会社の理念、事業内容、文化、風土などを頭に入れ、どんな人が求められているのか、それに対して自分は何ができるのかを会社にプレゼンしなければいけないということです。

 

 

IMG_8471.JPG

 

最後に模擬オーディション(就活)体験としてワークを行いました。テーマは「いいとこ探し」ペアを組んで相手に質問しその人のいいところを見つけていきます。制限時間は短く2分程度。そしてその見つけ出したいいところを周りの人に30秒でプレゼンするというものです。これはオーディションでも同じでいい子をみつけたら社内の人に短い時間でプレゼンし説得できないといけない。ワーク中、受講生は楽しそうに取り組んでいましたがやはり短い時間で相手の良さを伝えることに難しさを感じていたようでです。

 

 

IMG_9848.JPG

 

最後に北垣氏が一緒に働きたい!と思う人物像を教えたいただきました。「自分が持っていないスキルを持っている人」「誰にも負けない好きを持っている人」仕事は一人でやるものではなく、たくさんの人が支えあいそれぞれのスキルや得意分野を持っている人が協力したほうが良いものができるとのことでした。

 

今回のレポートはこちらで終了です。

来週のレポートもお楽しみに!

 

 

 

ARCHIVES