INFORMATION

エンタテインメントビジネス

2018/05/14

エンタテインメントビジネス

インターンシップ体験レポート_0007「エイベックス・エンタテインメント」 マーチャンダイジングのお仕事

インターンシップ体験レポート_0007「エイベックス・エンタテインメント」 マーチャンダイジングのお仕事

 EBコースのプログラムの主軸である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。
(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

今回のレポートは「エイベックス・エンタテインメント株式会社 MD事業グループ」でのインターンシップに参加した、東京校の水野さんです。

■インターン参加会社及び部署
エイベックス・エンタテインメント株式会社
プラットフォーム事業本部 MD事業グループ


■インターンで体験した主な業務内容は?
1.コンサート会場販売の運営補佐(設営・撤去、購入者アンケート等)
2.直営店舗 Tree Village でのインストアライブ運営補佐(会場・楽屋設営、誘導、資料用写真撮影等)


■インターンに参加して一番楽しいと感じた事は何ですか?
今回は実際にライブ会場と直営店舗 Tree Village の現場で稼働させていただき、
物販、インストアライブの運営をサポートし現場の雰囲気を感じながら
お客様へ『今後期待するグッズは?』等とアンケートを取らせていただきました。
毎回違うジャンルのアーティストの現場で稼働させていただいたので
ファン層も全く異なり、グッズに対しての熱量や求めているモノも全く違うので
様々な意見が聞けてとても面白かったです。
直接お客様の行動や表情を見ることができ、お客様と会話できたことで、
新しい発見や驚きが多く、色々なアイディアが浮かびました。


■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?
原価率、利益率、過去の購入者率等のデータをもとに在庫を用意したり、レジ台数を考えたり、購入者の導線を確保したり等事前準備をしっかり行っていても、予想外の事は起こるもので、瞬時に2.3歩先を読む、臨機応変な対応が求められる現場でした。
また、自分が考えた企画内容を部内で共有していただく機会があり、企画を紙1枚で伝える難しさを感じましたが、普段企画書に目を通している社員の方から見やすい、伝わりやすい企画書の書き方をアドバイスしていただきとても参考になりました。


■インターンに参加した感想
身近なものだからこそとても興味のある部署だったのでMD事業グループでインターンをさせていただきとても嬉しかったです。
今まで購入者の視点でしか見られなかったものを企画者・現場担当者から制作・販売の意図を聞けたことで作り手側(MD担当者だけでなくアーティスト等)の視点からも考えるようになりました。販売現場での稼働だったからこそ売手買手双方から直接意見を聞くことができ得るものが多い貴重な経験でした。
また、MD事業グループの方々だけでなくイベントに関わる様々な職種の方さらには他社の方ともお話をする機会があり様々な仕事を間近で見させてもらいとても視野が広がりました。


レポートは以上です。

水野さん、おつかれさまでした!

これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。

あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!
 

ARCHIVES