INFORMATION

100)エンタテインメントビジネス

2018/05/ 1

エンタテインメントビジネス

インターンシップ体験レポート_0005「エイベックス・エンタテインメント」ライブ制作のお仕事

インターンシップ体験レポート_0005「エイベックス・エンタテインメント」ライブ制作のお仕事

EBコースのプログラムの目玉である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。
(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

今回のレポートは「エイベックス・エンタテインメント株式会社」でライブ制作業務のインターンシップに参加した、東京校の般若さんです。


■インターン参加会社及び部署
エイベックス・エンタテインメント株式会社
ライヴ事業本部


■インターンで体験した主な業務内容は?
主にライヴ本番に向けて必要なあらゆる資料作成と現場帯同を経験しました。


■インターンに参加して一番楽しいと感じた事は何ですか?
やはり現場が1番楽しかったです。今まで細かく調整してきたことが形として、1つのライヴになっているのを見る事ができたのは物凄く良い経験で本当に感動しました!!

一観客としてではなく、その過程を知る者として見るライヴは更に魅力的でした。

またライヴに携わっている様々なスタッフの方ともコミュニケーションを取ることが出来、色んな考えや熱い気持ちを持って仕事に取り組まれていることを知るきっかけにもなりました。皆さん温かい方ばかりで、ちょっとした会話も勉強になると共に楽しい時間だったと改めて感じています。


■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?
常にアンテナを張っていなければならないことです。
今回はインターン生としてお仕事をさせて頂いたので、出来ることは限られていました。ですが、実際にライヴ制作の現場で働く人間として、自分から積極的に仕事を探すことの大切さを学びました。待っているだけではもちろん仕事は来ないですし、自分の成長にも繋がりません。

少しでも気になったことがあれば質問するだけでも違います。少しでも自分が出来そうなことがあれば、手伝いますの一言で他のスタッフの方は違う作業を進められます。

この様に常に周りにアンテナを張りながら、ライヴに向けて必要な業務が円滑に進むために、仕事を見つけに行くことが難しいとは思いましたがとても大切なことだと知ることが出来良かったです。


■インターンに参加した感想
今回このライヴ事業本部でインターンをさせて頂いて、よりライヴ制作に携わりたいという気持ちは大きくなりました。

正直始めは不安なことだらけで、私に何が出来るんだろう、雰囲気はどんな感じなんだろうという気持ちでいました。

ですが、周りのスタッフの方々や、現場スタッフの方々との出会いも含め、これからの自分にとって大きな刺激となる環境となり、沢山のことを吸収できました。

何事も自分から行動することの大切さ、お客様はもちろん、出演者、スタッフ1人1人、ライヴに関わる人全員が気持ちよく過ごせる環境を作ること、挙げたらきりがありませんが、今回学んだことは間違いなく今後の自分の糧となりました。

改めて、今回この様な貴重な機会を下さった皆さんに感謝しています。これからも自分の夢に向かって、ライヴ制作に携われるように頑張ります!!


以上です。


般若さん、おつかれさまでした!


これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。


あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!


 

ARCHIVES