INFORMATION

インフォメーション

2018年4月の記事 (1/2)

 EBコースのプログラムの主軸である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。
(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

今回のレポートは「エイベックス株式会社」でのインターンシップに参加した、東京校の永尾さんと名古屋校の岡本さんです。

 
■インターン参加会社及び部署
エイベックス株式会社
グループ戦略室
※インターン参加当時部署名
 

■インターンで体験した主な業務内容は?
(永尾さん)
グループ戦略室のデジタルR&Dユニットという部署で、将来のニーズにあったデジタルコンテンツの研究・調査を行いました。

(岡本さん)
グループ戦略室の戦略人事ユニットという部署で、オフィス活用の提案や他社の人事制度等の事例調査を行いました。


■インターンに参加して一番楽しいと感じた事は何ですか?
(永尾さん)
エンタテインメント領域のデジタルコンテンツを調査する中で、最先端のマネタイズ手法のインプットができた事です。
エンタテインメント業界はダウンロード販売やサブスクリプション方式等、どの業界よりも先に次の時代を走ってきた、とEBコースで学びました。そういった背景もあり、自分の調査は時代を先取りするものだとワクワクしながら、業務に取り組む事ができました。

(岡本さん)
憧れの会社で働けている事が何よりの楽しさでした。
2017年12月に新社屋がオープンし、執務フロアがフリーアドレス制となっているので、「今日はどの席で仕事しようかな?」というちょっとした楽しみもありました。
また、月末に「Happy Hour」というイベントが社員食堂で開催され、フードやドリンクが提供されて社員の方々と交流できたり、アーティストのミニライブがあったりと、エンタメ企業ならではの魅力を感じました。


■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?
(永尾さん)
根拠を探す難しさを感じました。
いくら調査内容を応用し、オリジナルの提案ができたとしても、その背景となる根拠が深掘りできていなければ提案の意味がないと痛感しました。
今後は学んだ事のアウトプットを反復させ、考察力をつけていきたいと思います。

(岡本さん)
相手に分かりやすく自分の考えや思いを伝える事です。
特にオフィス活用の提案資料作成には苦労しました。様々な事を確認し、一つのスライドで何を言いたいのかを整理し、担当の上司の方にフィールドバックをして頂き、さらに改善するという事を何度も繰り返しました。
相手に分かりやすく伝える事は、普段の会話や就職活動での面接などはもちもん、仕事をする上で必要不可欠な事だと思うので、物事を組み立てて考えるのが苦手な私にとっては良い訓練になったと思います。


■インターンに参加した感想
(永尾さん)
1ヶ月半という短い期間でしたが、これからの自分のビジョンをつくる大変有意義なものとなりました。社会に対して、どんな価値を提供できる人間になれるのか、これからも考え、行動していきたいと思います。
お世話になった方々の期待に応えられるよう、今後も精進していきたいと思います。

(岡本さん)
このインターンを通して、感動を創ったり届ける人たちのサポートをする事でエンタメビジネスの発展に貢献したいという思いが強くなりました。
インターンでの期間は、毎日が刺激的で大学では学べないような事をたくさん学びました。毎日「絶対何かは学び取って吸収して自分のものにしてやるぞ」という攻めの気持ちで挑んでいました。
また、時期的に就活の時期と重なっていたので、自分は何をしたいのか、どんな時に幸せを感じて、どんな働き方をしたいのか、いろいろ自分を見つめる良い機会にもなりました。
エイベックスに入りたいと思う方はもちろん、エンタメ業界で働きたいと思う方にも絶対に満足できるプログラムだと思います!!
是非多くの人にチャレンジして頂きたいです!!


レポートは以上です。

永尾さん、岡本さん、おつかれさまでした!

これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。

あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!

 


2018/04/20 - 大阪校インフォメーション

【関西】SHAN S HOUSE WORKSHOP開催!!!

 ”DANCE FUSION”のメンバーとして絶大な人気を誇るNEW YORK出身のハウスダンスのオリジネーターSHAN S!!!
SHAN SはNUBIAN SOUL Producerであり、日本では安室奈美恵、TRFなど数多くのアーティストのバックダンサー他、

COCO LEE /avex traxの振付を手掛ける。その他バトルイベントTHE GAMEで優勝。
また、世界最大級ダンスバトルコンテストJUSTE DEBUTのJUDEを務める。
現在はアジアやヨーロッパ方面でも活動中。彼のフットワークとリズムワークの繊細さとパワーは見逃せない。
 
ShanS.jpg


【WS開催概要】
■日時
2018年5月20日(日)19:00-20:30

■場所
エイベックス・アーティストアカデミー大阪校

■参加費
3,500円(税込)
※aaaチケット使用不可
※お釣りのない様にお願い致します。

■ジャンル
HOUSE

■定員
25名

■応募資格
aaa受講生/aDM受講生/JSDA本会員
※小学4年生以上

■応募締切
5月17日(木)23:59迄
※応募者多数の場合は抽選にて決定します。

■当選連絡
5月18日(金)中に全員ご連絡いたします
 
■応募方法と詳細はこちら↓
http://proworks.avex.jp/member/
 

【注意事項】
※参加費のお支払いは、当日5月20日(日)ワークショップ開始15分前までに、
アカデミー大阪校6階 受付にてお支払いをお願いいたします。
また、混雑する可能性がございますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
※応募者多数で抽選となる場合は、JSDA公認ライセンス取得者が優先されます。
※お申込み後のキャンセル、未払いは一切できませんのでご注意下さい。
対象者の方は、今後ワークショップ等のエントリーをお断りさせて頂く場合もございますのでご注意下さい。
※会場までの交通費等は自己負担になります。
※服装は予め動きやすい服装に着替えてお越し下さい。
※募集イベント内容等は直前で変更・延期・中止になる場合もございます。予めご了承ください。
※レッスン中の写真・動画等の撮影は禁止です。
※当日スタッフがレッスン風景を撮影して、HPなどで掲載することがありますので予めご了承ください。
※スタジオ内での保護者の観覧は不可となっております。
 

 


 EBコースのプログラムの目玉である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。
(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

今回のレポートは「エイベックス・マネジメント株式会社」でマネージャー業務のインターンシップに参加した、東京校の石田さんです。


■インターン参加会社及び部署
エイベックス・マネジメント株式会社
第1マネジメントグループ

■インターンで体験した主な業務内容は?
・様々な現場への帯同(TV番組収録、ラジオ収録、CM撮影、ライブ現場)
・打合せへの参加
・資料作成
現場では、出来ることが限られていたので言われたことをこなすのに精一杯でした。ライブに必要なものを事前に用意したり、アーティストの衣装整理をしたり、稼働時のオフショット撮影などをさせて頂きました。

■インターンに参加して一番楽しいと感じた事は何ですか?
ライブ現場に帯同させて頂けたことです。
今まで客席からしか見た事がなかったライブが、今回はスタッフとしてライブに携わらせて頂けた事で無事公演が成功した後の達成感というものを少し味わう事ができました。本番の為に何日もかけて打ち合わせをし、良いものを作り上げようとするスタッフやアーティスト本人の姿を見せて頂きました。その背景を知った上でのライブだったので、終わった後の感動は本当に素晴らしいものでした!また、ライブ中に衣装の早替えがあったのですが、私もその一部に携わらせていただき、ライブを成功させるための一要員になれた事が嬉しかったです。


■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?
アドバイスや感想を求められた時の対応の仕方が難しいと感じました。
とある撮影の現場で、アーティスト本人から「どうでした?」と聞かれたのですが、なんと言葉を返せば良いのか分からず、一言で済ませてしまいました。しかし、スタッフの方々は言葉を選びながら、決して否定はせず、適切なアドバイスをされていました。そのアドバイスの言葉によって本人のパフォーマンスに対するモチベーションを向上心させていたのが印象的でした。今の私には到底できない事だと思い、マネージャーの方は本当に凄いと思いました。


■インターンに参加した感想
インターンシップ期間中は、3組のアーティストやタレントの方を担当させて頂き、様々な現場に行かせて頂きました。アーティストやタレントの方が一生懸命に仕事をこなす姿やその方々をマネジメントするスタッフの仕事の様子や想いを沢山見せて頂きました。
正直、短い期間の中、更にインターンシップ生という状況の中でも、大変なお仕事であるという印象を受けました。
しかし、そんな状況の中でもアーティストやタレントに強い想いを持ってマネジメントし、絶大な信頼感を得ているスタッフの方々を間近で見て、一緒に働かせて頂けた事で、私もやってみたい!という想いがより強くなりました。辛い中にも大きなやりがいがあるからこそ、アーティストやタレントの方に強い想いを持ってマネジメントに携わる事ができるのだと感じました。
このインターンシップを経て、よりマネジメントに携わりたいという想いが強くなりました。この経験は、就職活動にも今後社会に出た時にも大きな糧になると思います。
これを自信と誇りにして、自分の夢に向けて頑張りたいと思います。


以上です。

石田さん、おつかれさまでした!

これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。

あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!

 


2018/04/13 - エンタテインメントビジネス

【講義レポート】2018年4月生・開講式

 エンタテインメントビジネスコース・2018年4月生がいよいよ開講しました!!

今期のEBコースは新たなる試みとしてオンラインクラス設定したりと様々なリニューアルを経て、無事スタートを切る事ができました!

 

IMG_8226.JPG

 東京校・名古屋校・大阪校・福岡校合わせて数多くの受講生がエンタテインメント業界を目指し、同じ志を持った仲間と共に切磋琢磨しながら勉強していく事になります。

 

 

 

 

 

 

IMG_8231.jpg

 

 

 

 

 

まずは東京校EB担当の森さんによる全体挨拶です。 

 

 

 

 

 

IMG_8252.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

次に各校責任者による挨拶を実施しました。 

 

   

IMG_2302.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわばエンタテインメント業界における大先輩のお話になりますので、しっかり耳を傾けて話を聞いています。

IMG_8264.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

IMG_2303.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EB生の皆さん、ご入学おめでとうございます!!

そして、これは第一歩でもありますので、夢に向かって頑張っていきましょう!!

IMG_8428.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0706.jpg

 


2018/04/12 - 大阪校インフォメーション

【関西】ex DA PUMP KEN WS開催決定!!!

 DA PUMPオリジナルメンバーKENによるアーティストSPECIAL WORKSHOP開催決定!
1997-2010avex tuneより第1弾アーティストDA PUMPとしてデビュー!

後に “琉-UNIT”としてのアーティスト活動やダンス専門学校のレッスン・コリオグラファー・舞台監修を手掛ける。
また、自身のアーティストソロ活動で日本国内のダンスシーンに大きな影響を与える唯一無二のHIPHOPアーティスト!
本格アーティストからダンスを学べるチャンスです!
 


IMG_0374.jpgのサムネール画像のサムネール画像

【WS開催概要】

■日時
2018年5月4日(金)13:00-14:30

■場所
エイベックス・アーティストアカデミー大阪校

■参加費
3,500円(税込)
※aaaチケット使用不可
※お釣りのない様にお願い致します。

■ジャンル
Free Style Hip Hop

■定員
30名

■応募資格
aaa受講生/aDM受講生/JSDA本会員
※小学4年生以上

■応募締切
4月26日(木)23:59迄
※応募者多数の場合は抽選にて決定します。

■当選連絡
4月27日(金)中に全員にご連絡いたします

■応募方法と詳細はこちら↓
http://proworks.avex.jp/member/

■関連動画
DA PUMP Like This 【PV】 
https://www.youtube.com/watch?v=-Bo13Qzsw0M
 
DA PUMP GET ON THE DANCE FLOOR 【PV】 
https://www.youtube.com/watch?v=76hmLX0lT1g
 

DA PUMP if… 【PV】

https://www.youtube.com/watch?v=NDQXcgUkkC8
 
琉-UNIT LIKE THAT PV(CM KEN Ver) 
https://www.youtube.com/watch?v=wgxNG22xal0


■プロフィール
1993年
MTVやRADIO等から流れるBlack MusicやDanceに興味を持っていた為、母の勧めで沖縄Actors Schoolに入学 (そこでユキナリ、シノブ、イッサと出会い後のDA PUMPの母体が出来上がる)。School内でStreet Danceにおける振り付け等を任されるActorsでミュージカルやDanceを学びつつActors以外でStreet Dance Teamを組みDance Contest等に参加。

1996年
前プロダクション社長の目に留まり東京へ、
前プロダクションから「DA PUMP」という名を授かる

1997年~2010年
avex tuneより第一弾アーティストDA PUMPとしてFeelin'Good- it's PARADISE-でデビュー、DA PUMPとして活動
2010年~2014年3月
「琉-UNIT」としてアーティスト活動をしつつ、本厚木NJSにてDANCE STUDIOの講師としてSCHOOLを開講

2015年2月,10月
Tokyo School of Music(TSM)とFukuoka School of Music(FSM)にて
演劇とDanceを混合させた学生主体の舞台
「GEKIDANCE」や「夢限」にてDance監修と振り付け、演出

2016年3月,10月
TSMにて「high school graffiti」,Dance監修,振り付け
FSMにて「同軸平行戦国乱舞」,Dance監修,振り付け

2017年2月
Osaka School of Music(OSM)にて舞台「CUBE」,Dance統括演出,振り付け
2018年
TSMにてHSG Dance監修予定



【注意事項】
※参加費のお支払いは、4月20日(金)11:00から当日5月4日(金)ワークショップ開始15分前までに、
アカデミー大阪校6階 受付にてお支払いをお願いいたします。
また、混雑する可能性がございますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
※応募者多数で抽選となる場合は、JSDA公認ライセンス取得者が優先されます。
※お申込み後のキャンセル、未払いは一切できませんのでご注意下さい。
対象者の方は、今後ワークショップ等のエントリーをお断りさせて頂く場合もございますのでご注意下さい。
※会場までの交通費等は自己負担になります。
※服装は予め動きやすい服装に着替えてお越し下さい。
※募集イベント内容等は直前で変更・延期・中止になる場合もございます。予めご了承ください。
※レッスン中の写真・動画等の撮影は禁止です。
※当日スタッフがレッスン風景を撮影して、HPなどで掲載することがありますので予めご了承ください。
※スタジオ内での保護者の観覧は不可となっております。
 

 


 EBコースのプログラムの主軸である「インターンシップ制度」

受講生のみなさんが興味関心のある部署と、参加希望者とのマッチングを図り、入社前から職業体験の機会をご提供するプログラムです。
(※インターンシップのご参加には選考があり、必ずご希望に沿えるとは限りません。)

今回のレポートは「エイベックス通信放送株式会社」でのインターンシップに参加した
名古屋校の中村さんと東京校の白武さんです。


■インターン参加会社及び部署
エイベックス通信放送株式会社
コミュニケーションプロデュースグループ


■インターンで体験した主な業務内容は?
(中村さん)
dTVに関する宣伝業務です。
具体的には、2ヶ月に1回発行されるdTVで配信されている作品を紹介する冊子の監修作業や、電車の中吊り広告の制作、全国のドコモショップで使用する『ちはやふる』紹介用店頭チラシ制作を行いました。
また、dTVのオリジナルドラマを広めるため、各メディアにプロモーション協力をしてもらえるよう働きかける打ち合わせにも参加しました。

(白武さん)
dTVの宣伝業務のひとつである、宣材物の制作を行いました。
具体的には、ドコモショップの店頭で使用するチラシや、スタッフ向けに配信しているメールマガジンを制作しました。


■インターンに参加して一番楽しいと感じた事は何ですか?
(中村さん)
『ちはやふる』最終章の劇場公開に合わせて、『ちはやふる』の映画、ドラマ、アニメ作品が見放題であることをプロモーションするためのチラシを制作したことです。
これはドコモショップ店頭で使用するチラシのため、NTTドコモはもちろん、チラシに掲載する『ちはやふる』、合わせて紹介しているその他のオススメ作品を提供していただいているTV局や出版社に掲載の確認を行いました。
またチラシのデザインを組むにあたり、デザイナーの方と実際にお会いして打ち合わせをし、制作が始まってからは、変更・修正点についてのやり取りを行いました。
最初の、私の下書きから、徐々にデザインが出来上がっていく過程を実際に体験することができ、楽しかったです。

(白武さん)
宣材物を作る中で、自分が一から考えた構成をデザイナーの方に伝え、デザインに落とし込んでいただきましたが、初めは下書きでしか無かったものが、どんどん形になっていく行程がとても楽しかったです。


■インターンの中で一番難しいと感じた事は何ですか?
(中村さん)
様々な打ち合わせに参加させて頂きましたが、たまに意見を求められる事もあり、その際にとっさに答えられなかったことです。様々な面で自分の知識不足を感じることが多々ありました。

(白武さん)
宣材物の制作に入る前にスケジュールを作成したのですが、デザイン・修正・協力会社への確認などそれぞれの工程にかかる時間を計算して、スムーズに進められるように組み立てる事が難しかったです。


■インターンに参加した感想
(中村さん)
最初はとても緊張しましたが、研修先の部署の方々は本当に優しい方ばかりで、色んな方が話しかけてくださってとても嬉しかったです。お昼のランチの時には、直接指導して頂いた社員の方やその上司の方に、他の色々な社員の方とご一緒させて頂く機会を設けて頂き、様々な話を聞く事ができ、社内の雰囲気から就活のアドバイスに至るまで幅広い事を教えて頂きました。
また、私はエイベックス・ピクチャーズにも興味があったので社員の方にお願いして新卒2,3年目の社員の方とお話しする事ができました。その際にその社員の方が私と同じ学部の出身の方で、さらに就活時にエイベックスと並行して出版社も受けていたことがわかり、自分も出版社も受けようと思っておりましたので、偶然にも出版業界の就活のことも詳しく聞くことができ、思いがけない大きな収穫となりました。
社員の方からこれからの就活について、どういう思いで就活に臨むべきか、就活という言葉に騙されず人生という大きな枠で見た時、自分は何ができれば幸せなのかを、考えるようアドバイスを頂きました。また、その方と出版社の話をしていたところ、運良く、お知り合いに出版社に勤めている方がいらっしゃり、今度お話しを聞ける機会を頂きました。
このインターンで業務内容、例えば取引先の方へのビジネスメールの打ち方や打ち合わせ時の名刺交換・挨拶の仕方、またdTVがどのように世の中に伝わっていくのかという過程、作品を取り扱うにあたっての関係各所への確認の重要性など多くを学びましたが、それ以上に人との繋がりの大切さを学びました。
上記に書きました通り、思いがけないところから自分が知りたいルート、私でいうと出版社のことを知る糸口を見つけることができました。エイベックス通信放送の方はテレビ業界をはじめ、映画業界、出版業界、通信会社など様々な外部の方と繋がりがありました。これもエイベックスが大きな会社で、多方面でも事業展開をしているからこそできる繋がりなのだと思いました。

最後に、このインターンで「エイベックスの社員の方々の温かみ」に触れました。
というのも、大企業だしキッチリして強面の方が多いイメージだったのですが(笑)、実際インターンに行って社員の方と話してみると気さくな方が多く、本当に優しい方ばかりでした。またインターン生にすごく興味をもって話を聞いてくださったことが嬉しかったです。

最後のお別れの時、「就活がんばってね」「一緒にまた働けたらいいね」「待っているからね」など本当に嬉しいお言葉ばかりかけてくださって感無量でした。
このインターンでは業務内容以上に、エイベックスで働いている方々の優しさに触れることができ大切な思い出になりました。ありがとうございました。

(白武さん)
今回インターンの機会を頂き、とても貴重な経験をさせて頂きました。
業務を通じて社会人として働くイメージがより具体的に沸いてきました。
また、直接的に業務で関わりのあった方以外の社員の方ともお話できる機会を設けて頂き、様々な目線からこれから就職活動を行う上での非常に有益なお話を聞くことができました。頂いたアドバイスを活かして就職活動を頑張ります!!


以上です。

インターンの最終日にはスタッフのみなさんから花束を頂いて、思わず涙が溢れていた中村さん。短い期間でしたが良い体験が出来たようですね。おつかれさまでした!

これからも、インターンシップ制度に参加された受講生の体験レポートをこのインフォメーションでご紹介していきます。

あなたが将来エイベックスで働いてみたい!と考えている希望の職種のレポートもあるかもしれませんので、ぜひチェックして下さいね!

 

 


ARCHIVES